前へ
次へ

失恋してしまったときにしておくといいこと・しない方がいいこと

交際している相手とうまくいくときもありますが、やっぱり失恋してしまうこともあります。そんな失恋してしまったときにそれを乗り越えるのにおすすめの手段をいくつか紹介します。まず最初にするのにおすすめなのは、失恋をしたという事実をきちんと受け止めることです。ただし、悲しいと思う気持ちや辛いと思う気持ちを押し殺すのではなく、失恋をしたのだという事実とそれを悲しんでいるのだという自分の正直な気持ちを認めるようにする方が良いでしょう。またSNSなどをしている場合は、別れた相手のアカウントは覗かないなど目に入る機会を減らすと気分的にも落ち着くことができます。しかし悲しいからといって他人に強く当たったりするのは大人としてしてはいけない最低限のことですので、やめておきましょう。また同様に自分や相手を責めることも双方を傷つけることになるのでおすすめしません。また、浮気などいくら失恋した相手に非があった場合でもSNSを使った仕返しは代償も大きいですし、常識としてやらないようにしましょう。しばらくして失恋をしたということに対して落ち着いて考えられるようになった時は失恋した相手と一緒にいた時のことを思い出して自分にも良くなかったことがないかを胸に手を当てて考えてみるようにしましょう。恋愛はどちらかが100%悪いというものではありませんし、「自分の良くないところ」に気が付けば、それは次に出会えるかもしれない相手に対して改善する努力もできます。そして自分の至らなかった部分も受け入れたうえで髪を切る・エステに行くなど見た目をきれいにできる自分磨きや新しい趣味などを始めるのがおすすめです。見た目がきれいになれば気分も明るくなりますし、新しい趣味は自分の魅力を高めるだけではなく新しい出会いに繋がる可能性も高められます。このように段階を踏んで少しずつ行動をしていくことで失恋の傷を癒しつつ、前よりもより魅力的な人間になるのだという気持ちで日々を過ごしていくと失恋のショックも徐々に気にならなくなっていくでしょう。それでもなかなか失恋のショックから立ち直ることができない・辛い気持ちが消えてくれないという場合もあると思います。そんな時は親しい友人に思い切って話してみたり、ゆっくりと時間が過ぎるのを待ちましょう。忘れたいという気持ちもあるとは思いますし、より幸せになって見返したいという気持ちもあると思います。しかし焦りすぎるとどうしても周りが見えなくなってしまいます。忘れたい・見返したいと思うときこそじっとして次の出会いに備えておく方が良い結果を生む確率が高くなるのでおすすめです。

Page Top